治験薬管理

治験薬管理について

治験薬は広島臨床研究開発支援センター内で管理保管を行います。管理や保管の体制についてはこちらをご確認ください。
お問い合わせ先 E-mail: cimr-pharmacist@hiroshima-u.ac.jp

※本院では2020年2月より、全抗がん剤調製投与時にCSTD製品用が導入されました。(2020年2月より外来化学療法室に導入。2020年6月より入院においても調製時のCSTD製品導入。投与時CSTD製品は導入時期未定。)従って、治験薬においても当院の運用に従い、抗がん剤(悪性腫瘍に対して用いる注射剤)の調製および投与時にはCSTD製品を使用致します。
治験薬との適合性等について、ご確認される場合はお問い合わせ下さい。

薬剤担当からの連絡事項について

当センターで治験薬を管理するにあたり、事前の連絡事項がありますので、こちらをご確認ください。

※閲覧用パスワードはIRB承認後に薬剤担当からお伝え致します。

治験薬の温度管理について

治験薬の温度は、温度ロガー(商品:おんどとり Jr.)にて常時モニタリングしております。記録は15分(K30c、K80cは30分)毎です。

2020年6月分より、温度測定データファイルを公開しております。パスワードは治験薬管理担当者までお尋ねください。