広島大学病院総合医療研究推進センター

患者さん・一般の方へ〜治験に安心して参加して頂けるように治験コーディネーターがサポートします。

患者さん・一般の方からのよくある質問

患者さん・一般の方からの治験に関するよくある質問をご紹介します。

Q1

きちんと説明を受けられますか?

治験について詳しく記載された説明文書をお渡しし、その内容を医師や治験コーディネーター(治験を実施する医療機関において、治験の進行をサポートするスタッフ)から詳しく説明いたします。 この説明文書を読んで、内容をよく理解した上で治験に参加するかどうかを決めていただくことになります。わからないことや確認したいことなど、どんなことでも質問することができます。
また、説明を受けたその場で決めず、説明文書を家に持ち帰ってご家族に相談してから決めることもできます。治験に参加するかどうかは、患者様の自由意思で決めていただくもので、決して強要されるものではありません。よって、治験に参加されなくても、その後の治療において何ら不利益を受けることはありません。

Q2

副作用の心配はないですか?

治験薬に限らず、どんなお薬にも好ましくない作用(副作用)をもたらす場合があります。
治験に参加いただく前にお渡しする説明文書には、それまでに見られた治験薬の副作用や予測される副作用が記載されています。
しかし、製薬会社や医師も予測できない副作用が発現する可能性もあります。
いつもと異なる症状が見られた場合や、体調の変化にお気づきになった場合はすぐに担当医師にお知らせください。 症状に応じて適切な治療や経過観察を行います。

Q3

費用はどうなりますか?

患者様の医療機関への支払いが全く無くなるということはありませんが、医療費の一部は製薬会社が負担しますので、患者様の支払いが軽減されることがあります。

Q4

プライバシー(個人情報)は守られますか?

治験で得られた情報を医学雑誌で発表したり、厚生労働省などへ提供され、公表されることはありますが、いずれの場合でも、個人情報が特定されることは一切ありません。
製薬会社や厚生労働省に提出される全ての治験の結果は、番号管理され個人を特定出来ないよう配慮されております。

Q5

治験を途中でやめることはできますか?

治験の参加を決めた後でも、理由を問わずいつでもやめることができます。
その場合でも、あなたが不利益を受けたり、その他の治療を受けられなくなったりすることは一切ありません。

page top