広島大学病院総合医療研究推進センター

センターのご案内〜先端医療を提供し、健康福祉と医学の発展に貢献します。

センターの理念

理念

広島大学病院の理念の下、新しい医療の開発/研究に不可欠である透明性および質の高い臨床研究を推進し、その実施を支援することで、新しい医療を患者により早く提供できるよう健康福祉と医学の発展に貢献することを理念とする

基本方針

  • 倫理的正当性、科学性妥当性、信頼性の原則に準じ、透明性の高い臨床研究の推進と実施支援

  • 適切な臨床研究を実施するための管理

  • 臨床研究を実施するために必要な教育・研修の提供

  • 臨床研究に関する普及活動および情報発信

  • 臨床研究に携わる専門性の高い人材の育成

沿革

2000年 4月
治験の実施体制を確立するため院内措置として治験管理センターを設置
2003年 4月
病院の組織として臨床試験部を設置
10月
医学部附属病院と歯学部附属病院を統合し,広島大学病院となる
2004年 4月
国立大学法人広島大学となる
2005年 2月
日本医療機能評価機構から認定を受けた
2007年 4月
臨床研究の支援体制を確立するため「臨床試験部」から「臨床研究部」に組織改編
広島県医師会大規模ネットワーク(ひろしま治験ネット)に治験審査委員会 (IRB)実施機関として参加
7月
治験拠点病院の認定を受けた
2015年 2月
4月から施行される新指針に対応するため「臨床研究部」から「総合医療研究 推進センター」に組織改編し臨床研究支援体制を強化
4月
「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」が施行された
10月
臨床研究に関するモニタリング・監査体制を整備
page top